docter

マシンの効果

身体に直接メスを入れずに病気を治療する方法として、ガンマナイフが挙げられます。ここでは、ガンマナイフによって治療できる病気や、施術方法について、詳しくご紹介していきます。

ページヘ

話題のNK細胞療法

私たちの身体の中には、複数の免疫細胞が存在し、中でもNK細胞は、がん細胞を認識すると特異的にがん細胞を攻撃し、がん細胞を死滅させる働きがあるのです。そして、この働きに目を付けたのがNK細胞療法なのです。

ページヘ

原因と治療方法

脳動静脈奇形とは脳の動脈が毛細血管を介さずに静脈とつながる先天的な奇形です。出血などのリスクを考慮し、積極的な治療を行い動向があります。治療方法は患部の全摘手術、放射線治療(ガンマナイフ)などがあります。

ページヘ

免疫細胞の働き

体には数多くの細胞が存在しますが、その中には、がん化した細胞も存在します。それをがん細胞と呼び、血液の流れに乗って体の色々なところを移動しています。そのため、がんが移転するのです。

ページヘ

がんとヘルニア

椎間板ヘルニア手術を名医に依頼したい方はこちらをチェックしてみてください。名医がいる病院を見つける事が出来ますよ。

人の体を阻むがん

人の体を蝕むがんをそのまましておくといつの間にかがんが他の部分に転移することもあります。また、殆どのがんは自覚症状があまりなく気づかないままにしておくこともあるのです。このがんという病気は早期発見で治療を行えば、完全に治すことができます。がんは治らないという印象が強いですが、それは体全体に転移してしまった場合です。現代の治療法にNK細胞療法や樹状細胞療法などが存在しているので、その治療を受ければ、がんは怖くなくなります。しかし、一度治ったがんは生活習慣や食生活に気を付けないと再発する可能性もあります。それを防ぐためにも、がんを樹状細胞療法やNK細胞療法などで治療をし、生活習慣を良くしていけば、再発する心配がなくなります。

ヘルニアは手術で治す

時としてがんは手術で取り除くこともありますが、その手術を受けなくてもなおすことが出来ます。しかしヘルニアという病気は手術が必要になります。なぜなら、へルニアという病気は腰骨の上にある線維輪と髄核の形が変形したために起こるからです。この2つが変形すると神経根が圧迫され、麻痺やしびれなどを引き起こします。その病気を椎間板ヘルニアと言います。これは名医にヘルニア手術してもらえば改善することが出来ます。その手術内容は2つあります。髄核とヘルニアだけをとる手術と椎間板移植です。そのどちらかの手術をしてもらいましょう。そうすることで、ヘルニアの進行を食い止められるのです。

感染症やアレルギーを防ぐ効果がある樹状細胞療法を受けたいならこちらのクリニックに通ってみませんか?