原因と治療方法

脳動静脈奇形の治療の動向

脳動静脈奇形とは、脳の血管の動脈が静脈と直接つながっている奇形の一種です。痰時期に脳内の血管が形成されるときに、通常は毛細血管という細い血管を介して動脈と静脈がつながるように形成されるのですが、それが偶然うまくいかず、血管の塊を介して直接つながってしまうのが原因です。動脈の高い血圧が直接静脈に伝わるため、血管の破裂や脳内出血の危険があります。脳動静脈奇形の治療では、積極的な治療の動向があります。治療方法として、患部の全摘手術や、カテーテルによる非侵襲的な血管内治療、放射線治療(ガンマナイフ)などが挙げられます。ガンマナイフとは、脳内の腫瘍や血管の奇形部位に、体外からガンマ線を集中的に照射し、治療する方法です。

重症度と治療に注意が必要

脳動静脈奇形の診断は、CTやMRAなどによって行い、その重症度に応じて治療方法を選択する必要があります。まず、動脈と静脈の境の血管の塊(ナイダス)のサイズが大きいか小さいか、患部の脳内での位置が脳機能において重要な位置かどうか、そして静脈が表在性か深在性かによって診断します。また、患者の年齢や症状、出血の危険性なども考慮し、総合的に判断します。頭痛やけいれんなどの自覚症状がある場合もありますが、全くない人も多いのです。重症度が低ければ、手術が選択できますが、高ければ、他の方法や、複数の方法の組み合わせで治療が行われます。最近開発されたガンマナイフでは、脳の深部の脳動静脈奇形に適用されます。全摘手術では、手術自体が困難になるからです。