壊れていても買取可能

お金

軽い損傷なら影響も低い

一般に中古車買取業者は、新品に近い状態の車を高く査定します。これは消費者も状態の良い車を求めているためで、年式が新しいものや走行距離が少ないものは査定額も高くなることが期待できます。だからと言って、事故を起こした車は査定が付かないというわけではありません。事故でダメージを受けていても、その程度によっては買い取ってもらえます。事故にあったからといって売却をあきらめるのではなく、まずは業者の元へ持ち込んでみましょう。買い取ってもらえる車の特徴は、事故による影響が少ないことです。バンパーやボディの縁を軽く傷つけた程度であれば、査定の際にマイナス要因となるものの、買値は付きます。ただし目立つようではマイナス額も大きくなるため、板金塗装業者に依頼して修理してもらうのもいいかもしれません。一方で査定が付かない恐れがあるのは、車のフレームに被害が及んでいるときです。フレームとはボディの枠組みを表す基本構想のことで、強度や剛性を高めるのに役立っています。仮にこのフレームが変形している場合には、重大な損傷があると判断される可能性が高いでしょう。ところが、事故によるダメージが大きい場合でも買い取ってくれるケースもあります。車種が珍しい場合です。生産台数が少なかったり市場に残っているのが少ない車種は、部品取りとしての需要があるため意外と良い査定が付くと言われています。もし普通の買取業者で断られたときでも、事故車を特別に扱っているところなら評価してくれることもあるので利用をおすすめします。

Copyright© 2017 事故車は買取業者にお任せ!【面倒な手続きも代行可能】 All Rights Reserved.