免疫細胞の働き

樹状細胞療法という治療法

人の体は細胞で出来ています。その細胞の働き次第で体を健康に保つことができるのです。しかし、細胞は時として体に牙を向けることもあります。それががん細胞です。このがん細胞は、活性酸素に攻撃された細胞ががん化したものです。そんながん細胞を根っこから倒すには、その活性酸素を除去する必要があります。しかし、この活性酸素は除去するのでさえも大変なことなのです。活性酸素を失くすには、スムージーや水素水などを毎日摂取する必要があります。また、生活習慣も良くしないといけません。これががん細胞を体の中でつくらせないコツですが、続けないと意味がなくなってしまいます。がん細胞は放っておいてしまうと、異常の速さで増えていきます。そして増えたがん細胞は、血液の流れに沿って移動して肺や腸などに悪性腫瘍となってくっつきます。これを防ぐためにも現代の医療では、樹状細胞療法と言われるワクチン治療が出てきました。

樹状細胞療法の活躍

樹状細胞療法とは、がん患者から取り出したがん組織を攻撃する免疫細胞のTリンパ球に司令を与える樹状細胞に働きかける治療法です。その樹状細胞の働きがあると、がんを集中的に攻撃することができます。そしてたくさん攻撃されたがんはライセートを調製され、そのライセートを樹状細胞に取り込ませていきます。それが終わったらライセートが取り込まれた樹状細胞をがん患者の体の中に再び戻します。そうしてがんを治していきます。