話題のNK細胞療法

NK細胞について

私たちの身体の中には、ウイルスや細菌、そしてがん細胞等から身体を守ってくれている複数の免疫細胞があります。その主だった細胞には、リンパ球や好中球、樹状細胞やNK細胞等があります。 リンパ球にはT細胞やB細胞があり、T細胞は各種免疫細胞をコントロールし細胞性免疫に関与し、B細胞は抗体を産生し液性免疫に関与していると言われています。そして、好中球は主に細菌感染が起きた時に細菌を退治してくれます。 また樹状細胞やNK細胞は、がん細胞に対して攻撃の要になる細胞なのです。特に、NK細胞については、がん細胞を認識すると特異的にがん細胞を攻撃し、がん細胞を死滅させる働きがあるのです。そして、この働きに目を付けたのがNK細胞療法なのです。

がん治療について

今まで行われてきたがん治療については、手術による外科療法が主流となり、抗がん剤を使った化学療法や、放射線療法が併用されてきました。しかし、これまでのがん治療では重い副作用も報告されてきたのです。 免疫細胞であるNK細胞を用いたNK細胞療法では、患者本人のNK細胞を体外に取り出し、培養して活性化した上で、再び患者の体内に戻しますから、副作用がほとんどないのが大きな特徴となっています。 またNK細胞療法は、末期がんや転移が進んでしまったケースでも治療効果が期待できる可能性があるのです。 そして、今話題のNK細胞療法を受けるのであれば、インターネットでNK細胞療法を行っている医療機関を探してみると良いでしょう。